Pythonプログラミング入門:Pythonプロジェクト作成する方法

2020-07-22 16:34:20 | #programming #python | 7のパート1

確認済み

  • Linux Ubuntu 20.04
  • Windows 10
  • macOS Catalina

Pythonは何ですか?なぜ学ぶ価値があるのですか?他のプログラム言語と比較してどうですか?

Pythonは、ウェブサイト、モバイルアプリ、データ分析、スクリプトなど、様々な種類アプリケーションに使用できる汎用プログラム言語です。今日には、Pythonの新しいプロジェクトを作成する方法をを学びます。

Windows 10 にPythonのインストール方法

最新のPythonをダウンロードしてインストールして下さい。インストール中「Add Python 3.x to PATH」チェックボックスをチェック。このチュとリアではPython3.8を使います。インストール後、PowerShellを閉じて再起動し、python --versionを入力して、Python 3.8.xを表示されていることを確認します。

次に、VirtualEnvをインストールするには、pip install virtualenvを入力して下さい。

Linux UbuntuにPythonのインストール方法

まず、端末でpython --versionを入力して。バージョン3.7以降の場合は、次のセクションに進むができます。そうでなければ、次のコマンドを実行します。

sudo apt update
sudo apt install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:deadsnakes/ppa
sudo apt update
sudo apt install python3.8

python --versionpip --version>を実行して、Pythonがインストールされていることが確認します。次にpip install virtualenvを実行してVirtualEnvをインストールします。

macOSにPythonのインストール方法

brew install pyenv
pyenv install 3.8.2
pyenv global 3.8.2
echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bash_profile

python -Vpip -Vを実行して、Pythonがインストールされていることが確認します。次にpip install virtualenvを実行してVirtualEnvをインストールします。

新しいPythonプロジェクトを作成する方法

プログラマーがフォルダー間を移動して依存関係を簡単に管理しできるようにするには、新しいPythonを作成するときは常に次の規格を使用します。

各プロジェクト内の依存関係を分離し、競合を防ぐために、プロジェクトのアクティブ化されたVirtualEnvにモジュールインストールことが非常に重要です。

Windows 10 PowerShell 2.0+でPythonがプロジェクトを作成する方法

cd ~
New-Item -ItemType "directory" -Path ".\python-boilerplate"
cd python-boilerplate
New-Item -ItemType "file" -Path . -Name "main.py"
New-Item -ItemType "file" -Path . -Name "README.md"
New-Item -ItemType "file" -Path . -Name "requirements.txt"
New-Item -ItemType "file" -Path . -Name "setup.py"
New-Item -ItemType "file" -Path . -Name ".gitignore"
virtualenv venv
.\venv\Scripts\activate

.\venv\Scripts\activateを実行すると、次のエラーが発生する場合があります。

Error
.\venv\Scripts\activate : File C:\Users\username\python-boilerplate\venv\Scripts\activate.ps1
cannot be loaded because running scripts is disabled on this system. For more information,
see about_Execution_Policies at https:/go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170.
At line:1 char:1
+ .\venv\Scripts\activate
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : SecurityError: (:) [], PSSecurityException
    + FullyQualifiedErrorId : UnauthorizedAccess

この問題を解決するには、PowerShellを閉じ、「Run as Administrator」チェックボックスをオンにして再起動します。

次のコマンドを実行します:

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
cd ~
.\venv\Scripts\activate

プロンプトに(venv)が表示されていることを確認します。例:(venv) PS C:\Users\username\python-boilerplate>

Linux Ubuntu 14.04+やmacOSで新しいPythonプロジェクトを作成する方法

cd ~
mkdir python-boilerplate
cd python-boilerplate
virtualenv -p python3 venv
source venv/bin/activate
touch main.py
touch README.md
touch requirements.txt
touch setup.py
touch .gitignore

プロンプトに(venv)が表示されていることを確認します。例:(venv) /home/username/python-boilerplate>

次のファイルとフォルダが存在する必要があります:

▾ python-boilerplate/
  ▸ venv/
  main.py
  README.md
  requirements.txt
  setup.py
  .gitignore

README.mdファイルの例

次のテキストをREADME.mdファイルにコピーします。 今後のプログラムの実行方法を覚える必要がないように、インストールと実行の手順についてはこのファイルを参照してください。

ファイル名: README.md

# python-boilerplate

```
# venvを作成する
virtualenv venv

# Linux UbuntuやmacOSでvenvを活性化する
source venv/bin/active

# Windows10でvenvを活性化する
.\venv\Scripts\activate

# Python依存関係をインストールする
pip install -r requirements.txt

# 実行する方法
python main.py

# venvを無効にする
deactivate
```

README.mdは理解しやすいものでなければなりません。プロジェクト名、インストールおよび実行手順を示します。この例では、すべての依存関係をvenvにインストールする方法を説明します。venvがアクティブ化されている間、python main.pyを実行できます。

venvのアクティブ化を忘れると、次のようなModuleNotFoundErrorが表示されます。これを解決するには、ルートフォルダーからsource venv/bin/activate.\venv\Scripts\activateを実行し、依存関係ごとにpip install モジュール名を実行する必要があります。 プログラムを実行するためにインポートを要求し、python main.pyを実行します

Traceback (most recent call last):
    File "test_project.py", line 2, in 
      import pytest
  ModuleNotFoundError: No module named 'pytest'

.gitignoreファイルの例

次のテキストをREADME.mdファイルにコピーします。

venv

このファイルは、gitが不要なファイルやフォルダーをコードリポジトリにコミットするのを防ぎます。 依存関係のリストはrequirements.txtファイルに示されているため、envは必要ありません

requirements.txtファイルを生成する方法

source venv/bin/activate.\venv\Scripts\activateを実行すると、venvフォルダにさまざまなモジュールが含まれていることがわかります。次のコマンドを使用して、これらすべての依存関係のリストを作成します。

pip freeze > requirements.txt

モジュールとバージョンのリストが表示されます。 これにより、依存関係が追跡され、将来的に簡単に再インストールできます。

Pythonsetup.pyファイルの例

次のテキストをREADME.mdファイルにコピーして。あなた自身の詳細でこれを更新してください。

ファイル名:setup.py

try:
    from setuptools import setup
except ImportError:
    from distutils.core import setup

config = {
    'description': 'Project description',
    'author': 'Name',
    'url': 'Home page of the application',
    'download_url': 'Download link',
    'author_email': 'user@email.com',
    'version': '0.1.0',
    'install_requires': ['pytest'],  # dependencies
    'packages': ['NAME'],
    'scripts': [],
    'name': 'projectname'
}

setup(**config)

setup.pyファイルには、プロジェクトのメタデータが含まれています。これは、プロジェクトのpipをインストールできないようにする場合に必要です。その意味がわからない場合や、このプロジェクトを非公開にする場合は、このファイルをスキップできます。

完全なmain.pyコード

次のテキストをmain.pyファイルにコピーして。

ファイル名:main.py

if __name__ == '__main__':
    print('こんにちは世界')

ここでは、「こんにちは世界」と印刷します。 ターミナルへ。 1行目は、プログラムの実行時に実行するコードをプログラムに通知します。

Pythonプログラムを実行する方法

次のコマンドを実行します:

python main.py

すべてが正しく設定されていれば、こんにちは世界がコンソールに表示されます。 さまざまなものをコンソールに出力して、このファイルを自由に試してください。

最初のPython関数のコーディング方法

関数(またはメソッド)を使用すると、さまざまなパラメーターで呼び出すことができる再利用可能なロジックを定義できます。 defキーワードを使用して関数を定義します。 形式は次のとおりです。

def function_name(parameter1, parameter2...):
    # 何かをする

この例を使用して、main.pyファイルを次のコードで更新します。

def add(a, b):
    return a + b


if __name__ == '__main__':
    sum = add(1, 2)
    print(sum)
    print(add(2, 2))

ここでは、変数aおよびbを受け入れるadd関数を定義しています、それらを一緒に追加し、合計を返します。 5行目で、addを呼び出し、12を渡します。そして、3を返します。これを変数sumに保存して、コンソールに出力できます。

7行目:addの戻り値を変数sumに格納する必要はありません。返された値を直接printに渡すことができます。

もう一度python main.pyを実行して、コンソールに出力された計算を確認します。これで、Python 3プロジェクトの設定に関するチュートリアルは終了です。ルートディレクトリからdeactivateを実行して仮想環境を非アクティブ化し、(venv)がコマンドプロンプトに表示されていないことを確認します。

より多くの練習を見たいですか?

演習を見る

コメント

アカウントが必要です。ログインしてください. アカウントが存在しませんか? 無料で登録

Subscribe to comments for this post

より多くの無料コンテンツを受け取るためにサインアップ

IT目標の達成に役立つように調整された無料のリソースを受け取りますか? 今すぐ始めて、メールアドレスを下に残してください。 スパムしないことを約束します。 無料のアカウントにサインアップするか、 でフォローしてコミュニティに参加することもできます。 いつでもオプトアウトできます。



プロジェクトのために私達を雇っていただきたい?









連絡先

ITに関する質問はありますか?お問い合わせ下さい。ITプロフェッショナルがお手伝いします。

雇いたいですか?

ウェブ開発、エンタープライズソフトウェア開発、モバイル開発、Googleアナリティクス、品質管理、ドメインとレンタルサーバ、データベース、サイバーセキュリティ、技術コンサルティング、その他のIT関連サービスを提供しています。

無料のチュートリアル

技術の解決のためにチュートリアルを読みませんか?